So-net無料ブログ作成

滋賀県立近代美術館(2010/12/18) [アート]

土曜日は滋賀県立近代美術館(12月20日~2月4日まで冬季休館)へ。

SigaArtMusium.JPG

こちらは大津市の文化ゾーン内にあり、日本庭園の敷地がとても素晴らしい美術館です。秋には美しい紅葉狩りを楽しむ事が出来、京都には及びませんが大勢の来場者でにぎわいます。ただ、非常に不便な立地にある為、なかなか出掛ける機会が無いのも事実。大阪からだと、京都まで新快速に乗り、京都からは快速、最寄駅の瀬田からはバスで10分程掛かります(徒歩だと30分は確実)。

c_zone.JPG


こちらで、父の主催する会の草津教室展が開催されておりましたので、行ってきました。

c_zone002.JPG


c_zone003.JPG


kusatsu001.JPG


kusatsu002.JPG


kusatsu003.JPG


1時間程観賞した後、常設展へ。なんといっても、常設展1と2を合わせても450円という安さが魅力。常設展1では「琵琶湖逍遥」と銘打たれた滋賀の風景画を集めた展示、常設展2では部屋を二つのエリアに区分けし、片方は赤、もう一方は黒と、それぞれの色に関する作品を集めた「赤と黒-色彩の実験」を展示。

いずれも、伊東深水やアンディ・ウォーホルを始めとする古今東西の巨匠作品を展示。お腹一杯になりましたが、残念なことに来場者は私を含め4-5人程度、あぁもったいない。

最後に、常設展1の右側の部屋に展示された「小倉遊亀」の作品群を観賞。こちらは滋賀が生んだ稀代の画家小倉遊亀によって県立近代美術館へ寄贈された作品を年代ごとに展示したもので、その日本画作品の数々は、その卓越した才能と背景にある作家の深い歴史を垣間見ることが出来ます。

常設展でも1時間程観賞後、父の関係者に挨拶してから帰路に着く。時計も携帯も忘れて外出したので、父に時間を確認してバスの時刻表と照らし合わせる。すると、なんと9分しかない。革靴だけど猛ダッシュで石畳を駆け抜け、かなり離れた場所にあるバス停へ。

busstop001.JPG
バス停。な、何もない…。

busstop002.JPG
やはり滋賀。大阪とは比べ物にならないくらい、寒かったです。RaceFaceジャケットのフードが役立ちました^-^


帰宅後、携帯を持ってsoftbankへ。それまで使っていた921SHの使用期間が2年半を超え、クローズしただけで電源が落ちる等、調子も悪くなってきたので機種交換です。一応機種の入荷連絡はもらいましたが、行って手続きを終えると「センターが混雑していて登録まで2時間掛かります」と言われたので、時間つぶしをしようと九条が誇る?ミニシアター「シネ・ヌーヴォー」へ行ってみるも…映画開始から30分が経過してました。うーん、中途半端だからやめよっと。ということで気を取り直して…

heavy2.JPG
「宇奈とと」で、うな重ダブルです。現在時刻14時30分、遅めの昼食となりました。そういえば昨年は胆石でこんなの食べたら激痛で死ぬところでしたね。

食べ終わるも、まだ1時間半あります。どないしよ…とウロウロしていると「マッサージ店」を見っけ。45分のクイックマッサージをお願いしました。

…なかなか上手なあんまで癒されたところで、1時間半が経過。行ってみると登録完了してたので帰宅。
帰宅すると宅急便で荷物が届きました。機種変更した携帯用に注文していたものです。


003sh_atach.JPG
003sh用のプライバシーフィルターと、ラバーケースです。


003sh.JPG
元々付いていた保護シールを剥がすと同時にフィルターを装着、と。ラバーケースもぴったり入りました。元々本体はミラノレッドですが、敢えてホワイトラバーをチョイス。感想は…--; ま、まあいいでしょう。


私はスマートフォンは初めてなのですが、appleは好きじゃないのと、ずっとSHARP製携帯を使ってきた経緯もあり、このガラパゴスにしました。3Dは疑似的ですが面白いですし、日本人による日本人の為の日本仕様・国産(?)携帯というのが気に入りました。動きもサクサク快適で、しばらく楽しませてくれそうです(ただ、ゲームはちょっと…)。


nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。